Mama-チャリカルキ vol.11「Vaga音頭(bond)」

Mama-チャリカルキ vol.11「Vaga音頭(bond)」2016年5月15日〜7月24日

Mama-チャリカルキvol.11は、北は岩手から南は沖縄まで合計35会場、全38ステージの日本縦断演劇ツアーとなりました。
各会場にて「ご当地ゲスト」をお招きしました。
>公演日程&ご当地ゲスト

「Mama-チャリカルキ」とは

東京の劇場で公演を行っている劇団チャリカルキが、普段劇場に足を運ぶ機会のない人にも気軽に演劇にふれていただきたいという思いから2006年より始めた、居酒屋・カフェなどを会場にして行う演劇公演です。

会場が日替わりになることで同じ物語にも全く違う印象を与え、音響・照明は極力お店の物を使用し、役者の登退場はお店の入り口を使うなど、会場をそのまま劇場空間にする公演形式は観客を巻き込む新しい演劇スタイルとなっています。

団欒について

「Mama-チャリカルキ」では公演後に、ご希望のお客様を交えての打ち上げ「団欒(だんらん)」(チケットとは別料金)を行います。(※団欒の無い回もございます)
通常、劇場での公演後にも打ち上げはありますが、劇場で打ち上げが行われる機会は少なく、お客様としては、なかなか参加しにくいものです。

その点、「Mama-チャリカルキ」では、終演後に即、会場となったそのお店で「団欒」が始まりますので、気兼ねなくご参加いただけます。
過去の「団欒」では、創作の経緯や稽古でのエピソード、ストーリーの疑問点などの話で盛り上がり、お客様とチャリカルキとのコミュニケーションの場として、とても好評をいただいております。
お時間がございましたら、是非ご参加ください。お客様の生の声をお聞かせください。

ストーリー

あなたと生きた日々が、私の中で踊っている。
古びたランプが灯るお店。祭りの実行委員の兄妹は、
忘れ去られた盆踊りを復活させようと人々を集めるが、
そこで幼馴染の了子は、ある人物と奇妙な再会をする。
集められた人々の意外な事実が明らかになる中で、
ある「可能性」を前に了子が下した決断とは?
チャリカルキがご当地ゲストも巻き込んでお送りする、
一時間のコミカルな幻想劇。

出演(チャリカルキ)

  • 森 奎伍
    森 奎伍
  • ビーグル大塚
    ビーグル大塚
  • 森 耕平
    森 耕平

出演(オーディションにより決定)

今年は11作品目となりますが、1回目のつもりで気持ち新たに新作に挑みます!!
そこで、一緒にツアーを盛り上げて頂ける出演者を募集し、オーディションの後、早野実紗さん(ナイスコンプレックス)、久門 海さん(劇団中原瑞紀)のお二人に決定いたしました!
たくさんの方のご応募ありがとうございました!

  • 早野実紗(ナイスコンプレックス)

早野実紗(ナイスコンプレックス)
>ナイスコンプレックス オフィシャルサイト

【コメント】
はじめまして早野実紗と申します。
私は普段ナイスコンプレックスという劇団で活動しております。
舞台以外には、TVのお仕事やイベントMC等をやってますよ。
もしかしたら、もしかすると、偶然にどこかでお会いしたことがあるかもしれません(笑)
さてさて今回初参加の劇団チャリカルキですが、私もファンで過去に何度も劇場での本公演や居酒屋公演を観に行きました。
全国ツアーのmama-チャリカルキ公演は、劇場空間とは違い、舞台と客席の枠がほぼ取っ払われてしまうという...イベント畑で育った私にとっては非常に懐かしいスタイル!!
出演が決まった瞬間から、もうワクワクとドキドキが止まりませんのです。
また、福岡県出身の私には西日本エリアは特に縁のゾーンが沢山で楽しみのひとつでもあります。
対して東北エリアは未知のゾーン。新たな出逢いが楽しみです。
日本各地に暖かい作品を運べる幸せ、本当に素晴らしい巡り合わせに感謝です。
皆様馴染みの劇団員"菅ちゃん"こと菅野さおりさん、そして"わかんちゃん"こと青木若菜さんより、しっかりとバトンを受け継ぎ各地へママチャリ漕いで参りますので是非みなみなさまにも最寄り会場までお越し頂けたなら幸いです。
そして、お時間許す限り楽しい会話や美味しいお酒を酌み交わせたならば...それほど極上なひとときは他にはないでしょう。
それでは、その時まで、ごきげんよう(о´∀`о)

【次回出演情報】
>ナイスコンプレックス
N25「風の電話(仮)」
日程:2016年8月10日(水)~14日(日)
劇場:ザ・ポケット(中野)
脚本/演出:キムラ真

  • 久門 海

久門 海(劇団中原瑞紀)
H23年 大阪芸術大学短期大学部(演技・演出コース)卒業
H24年 文学座附属演劇研究所入所
H27年 文学座附属演劇研究所卒業

【コメント】
初めまして。
この度、ご縁がありまして「ママチャリ11」に出演させて頂くことになりました。
今回最年少の出演となります、久門 海(くもん うみ)です。
旅公演が生まれて初めての経験で、ドキドキ!ワクワク!しております。
カメラと食べることが好きなので、公演で回る様々な場所を写真に撮り、そして各地の美味しいものをたくさん食べたいです。
そしてこの作品を観て頂ける皆様に、少しでも楽しんでもらえるよう心を込めて頑張ります。
皆様とお会いできることを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願い致します!

脚本・演出

脚本:ビーグル大塚
演出:チャーリー軽木

音楽

ツジヤマガク
ウクレレシンガー。ウクレレ講師。ラジオDJ。
カフェ、フェス、保育園、子育て支援センターなど場所を選ばず活動中。
チャリカルキ音楽担当。
>ツジヤマガク オフィシャルサイト

助成

芸術文化振興基金助成事業

主催:チャリカルキ

芸術文化振興基金助成事業

チラシ

デザイン:安達花鏡

  • Vaga音頭(bond)【チラシ表面】
    表面
  • Vaga音頭(bond)【チラシ中面】
    中面
  • Vaga音頭(bond)【チラシ裏面】
    裏面

劇場公演

Mama-チャリカルキ

このページのTOPへ