劇場公演 第15弾「ノビ師」

概要

約4年ぶりの劇場公演となる本公演は、チャリカルキ史上初、演出を外部の方に依頼する事になりました。
快く引き受けてくださったのは、無駄のない場面と人物の核に迫る作品作りにメンバー全員が「この人しかいない!」と演出を切望した、ヒンドゥー五千回の扇田拓也氏です。
ビーグル大塚の描いたチャリカルキの「ロマンチシズム」の世界を扇田拓也氏がどのように彩るのか?
また、第一線で活躍しながら、マイナー劇団「チャリカルキ」に熱いエールを送ってくれる舞台美術家、伊藤雅子氏、堅実な技巧派音響、三木大樹氏とどのような化学反応を見せるのか?
是非ご期待ください!

更にこの物語では、Mama-チャリカルキ vol.7「GENBA (現場)」にも登場した、閂(かんぬき)の過去が明らかに!
もちろん「GENBA」をご覧いただいてなくても楽しめる作品です。

>Mama-チャリカルキ vol.7「GENBA (現場)」

ストーリー

「ノビ師」とは、忍び込み専門の窃盗犯を指す警察用語である。
プロのノビ師、伊理出慶介には悩みがあった。
一人娘の華が突然会社を辞め、ノビ師になると言い出したのだ。
堅気になろうと職安に行けば同業者に会うし、生活の為に気づけば「仕事」をしてしまっている。
そんな時現れる、かつて慕い、そして死に別れた女の妹。
何と娘の華は初仕事の目標をその妹の家に決めてしまった。
警察の捜査の輪が狭まる中、自分と娘の「秘密」を守るために、伊理出は最後の忍び込みに挑む…。

出演

菅野さおり、森 耕平、ビーグル大塚、青木若菜、森 奎伍

藤 一平、日和佐美香、宮本翔太(椿組)、猪熊橋蔵

脚本・演出

脚本:ビーグル大塚
演出:扇田拓也(ヒンドゥー五千回)

スタッフ

  • 舞台監督:佐藤 恵
  • 舞台美術:伊藤雅子 大泉七奈子
  • 照明:阿部康子
  • 音響:三木大樹
  • 制作:TEAM#BISCO
  • 協力:太田篤哉(SPACE雑遊/池林房 オーナー)
  •    ヒンドゥー五千回 ダックスープ (有)レトル M・M・P 椿組

公演日程

2012年8月23日〜28日

23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火)
13:00
14:00
15:00
17:00
19:30

※開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前です。
※受付順に整理番号を配布し、番号順にご入場いただきます。

会場

SPACE雑遊

■地下鉄 都営新宿線 新宿三丁目駅C5出口目の前
■JR新宿駅 東口より徒歩10分
東京都新宿区新宿3-8-8新宿O・TビルB1F
090-8846-5379

下記リンクのSPACE雑遊のWebサイトに詳しい地図があります!
>アクセス|SPACE雑遊

チラシ

チラシデザイン:安達花鏡
チラシデザイン協力:高田惠子

  • ノビ師【チラシ表面】
    表面
  • ノビ師【チラシ裏面】
    裏面

劇場公演

Mama-チャリカルキ

このページのTOPへ