上演作品紹介

劇場公演第7弾「世界の誰より、私は遅い。~雫石さんの恋~」

場所:ザムザ阿佐ヶ谷

脚本:ビーグル大塚 / 演出:チャーリー軽木

【出演】

ビーグル大塚
森 耕平
菅野さおり
森 奎伍
松井智美
松江勇武
河口高志
飯島ぼぼぼ(東京セレソンDX)
市川 清
ワタベマユミ

【スタッフ】
舞台監督 原田恵子
舞台美術 伊藤雅子
  音響 三木大樹
   照明 福田さやか
   制作 きるかり社
  制作協力 ビタミン大使「ABC」
宣伝美術 池田達吾


【おはなし】

とある山奥にひっそりと建つ洋館。その地下室に雫石さんは住んでいる。
彼女の周りの時間はゆっくりと流れる。
比喩ではなく、文字通りに・・・。

雫石さんという不思議な能力を持つ女性と、それに関わる人々の数奇な運命を描く、
一話ごとに過去へとさかのぼっていく三話オムニバス。
そして、チャリカルキ初の『愛』のお話。

『世界の誰より、私は遅い。』


 <1話目*家族:長くて短い夏休み:>

【登場人物】
石山 吾郎(イシヤマ ゴロウ)・・・森 奎伍
石山 一之(イシヤマ カズユキ)・・・河口高志
屯田原 麗羅(トンデンバラ レイラ)・・・松井智美

増井 鉄(マスイ テツ)・・・松江勇武

雫石 満(シズクイシ ミチル)・・・菅野さおり

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

父・吾郎の再婚旅行でとある山奥に出かけた一家。
そこで出会った少女「雫石さん」に息子・一之は一目惚れ。
ところがその恋路をなぜか父親が邪魔をする。

雫石さんとは何者なのか?父と雫石さんとの関係は?

そんな中、父の再婚者・屯田原麗羅は幸せだった。
自分に自信がもてない麗羅は、吾郎との出会いで何か変われそうな気がしていた。

だけど、そんな麗羅に雫石さんは、イジワルを言う。
昔、吾郎が自分に思いを寄せていたことを話し出す。
一体何のために?

一之の一目惚れがきっかけでこの地下室に集まった家族。
この再婚旅行は果たして失敗か、成功か?
雫石の本当の目的とは…。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
またいつか会えるかな?
大丈夫ですよ、私の気の長さは半端じゃありませんから。

…世話焼き婆って、ひどくありません?
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

<2話目*浦島太郎達>

【登場人物】
野田(ノダ)・・・市川 清
矢吹(ヤブキ)・・・ビーグル大塚
松島(マツシマ)・・・飯島ぼぼぼ
石山 吾郎(イシヤマ ゴロウ)※若い時※・・・河口高志

増井 金次郎(マスイ キンジロウ)・・・松江勇武

雫石 満(シズクイシ ミチル)・・・菅野さおり

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

偶然乗り合わせたバスで、少女「雫石さん」が死んだ。

バスを運転していた松島と乗客の野田、矢吹、吾郎の4人で
家まで運んだはよかったが、なぜか閉じ込められてしまうことに。

いがみ合いながらも脱出の方法を探る。

そのうちに、死んだはずの雫石さんが生き返った。
どうやら彼女は眠っていただけらしい。
何年かに一度、物凄い深い眠りに落ちるとのこと。

そして、幸か不幸か、彼女が眠ることで彼女の周りの時間は遅くなるらしい。

男4人、それぞれ、この部屋からすんなり出られない理由を抱えていたのだが、
雫石さんの[体質]のおかげで、男達はいそいで部屋を出て行く。
それぞれの人生に向かって。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
見守っていたい人が居るんです。
その人がココに来るまで、私ずっと待っていたいんです。

あなたが幸せになったときに、もう一度ここに来てください。
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

<3話目*出会い>

【登場人物】
飯塚(イイヅカ)・・・森 耕平
屯田原かまち(トンデンバラ カマチ)・・・ワタベマユミ

増井 銀ノ助(マスイ ギンノスケ)・・・松江勇武

雫石 満(シズクイシ ミチル)・・・菅野さおり

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

山奥の屋敷の地下室に、脱獄囚・飯塚が逃げ込む。
彼は雫石さんと奇妙な因縁で結ばれていた。

孤独を抱える二人は惹かれあうが、
そこに男の「妹」だと名乗る、かまちが現れ、
お腹に男の子供がいることを告白。
そして本当の妹ではないことも。

かまちは、男が昔殺した男の娘だったのだ。
そして彼女は指名手配中の殺人犯。
男の時効を早めてあげようとする雫石さんと、
父親の恨みを晴らそうとする女・かまち。

そこに指名手配の捜査の手が。

男は今は殺人犯でも一度は愛した女を守るために、
地下室を飛び出していく。

残された雫石さんに出来ること、それは『見守ること』だった。
愛されても愛することができなかったかまちを、
幸せになるまで、見守ることだった。

・・・誰よりも遅い雫石さんにしかできないこと・・・

この日から、雫石さんの生きる意味が見つかった。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
…世話焼き婆が。
え。

屯田原さん、って呼べよ。屯田原かまちだよ。

…雫石満です。
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


劇場公演

Mama-チャリカルキ

このページのTOPへ